メニューリスト

アンチエイジングBOOK

断食でアンチエイジング

大人の場合は特に、朝食は必要ありません。長い間生きてきて、たくさんの食べ物の毒素をためている場合が多いので、栄養を摂ることよりも、毒を排出することのほうが大切だからです。現代の生活習慣病のほとんどは、排毒すれば治るといっても言い過ぎではないほどです。アンチエイジングのためにも、朝は食べないほうがいいのです。
ただ、朝食を抜くとスタミナがなっくなって心配という人は、精神的な安定のために軽い朝食を摂るといいでしょう。ただし、朝食はあくまでも軽く、がポイントです。
朝食は英語でbreakfastですが、fastとは断食のことを指します。breakは壊す、破る、という意味ですから、breakfastは断食を破るという意味になります。これは、夕食から次の日の朝食までの間を、短いながらも断食期間とみなすことからできた言葉です。
漢方では、午前中は消化器系の病気をしやすい時間、そして排毒に適した時間だと言われています。ですから、午前中にあまり重い食事はしないほうがよいとされているのです。日本人が3食になったのは明治からで、それまでは2食でした。
デトックス効果を発揮する、お手軽な朝だけのプチ断食で、アンチエイジングを目指しましょう。